×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



どんなに気をつけていてもちょっとした不注意で
つけてしまう傷・・・。フローリングや建具の気になる傷を
ホームセンターレベルの補修剤で直して見ます。
腕はないが時間はたっぷり?安いならプロに
お願いしたいんですけどねぇ。
子供も大きくなったタイミングで考えます。今はDIYで!




カウンターにつけた傷を埋める!
 寝ぼけて?うっかりキッチンカウンター上に置時計を落としました!!
 見事にカウンターにえぐれが・・・。

 基本、据わりいまいちの時計を高いところにおいていた自分が悪い?
 のです・・・。ということでちょっと壊れた時計は撤去です。


 萎えていても始まらないので自分でえぐれを埋めてみました。


 見事に陥没です。多少の凹みなら我慢できるんですが
化粧プリントの中までみえているので修正することにしました。

 多少ラッキーだったのは傷周辺部が盛り上がっていなかった事です。
エッジをならさなくても済みそうです。
 
 傷が深いので隠し用のクレヨンでは埋まりません。
一度溶かすために周囲をマスキングしました。

 ホームセンターでよく見る傷隠しのかくれん棒です。
色はダークブラウンを買ってきました。

 軟らかいのでカッターで簡単に切れます。ロウソクというか
クレヨンと言うか、そんな感じです。
 
 これくらい削り取りました。色が合わない場合はここに
別色を付け足して一緒に溶かすと調色できます。
(実はこの作業の後で色が合わないのでブラックを混ぜて
調色しました。)

ライターであぶります。火遊びです。

簡単に溶けてしまいました。

これを傷に流し込みます。

そこそこすぐに固まるので周囲のマスキングを剥がします。

ヘラや定規で余分な盛り上がりをカットして平面を出すので
盛り上がっていることが必要です。これは多すぎました。

ヘラでそぎ落とします!

そぎ落としたら周囲の余計なかくれん棒をふき取り終了ですが、
仕上げる前に色が明るいことに気づきました。

ドライヤーで暖めてつまよう枝で掘ると除去できました。
ここでまたホームセンターに行き、ブラックのかくれん棒を購入です。
再度溶かして調色し、上記作業を繰り返しました。

目で見ると分かりますが、それも照明を当てているためで、
昼間などは探さないと気にならないレベルになりました。
デジカメでは焦点を絞れませんでした。ピンボケになるくらいです。
機械の目では認識できないくらいなんでしょうか。
人間様には見えますけど・・・。

硬度はロウソクレベルです。つめ先などでもえぐれますので
テーブルクロスを敷くことにしました。また何か落としても
嫌なので。カウンターにぴったりのサイズのクロスがなかなかなく、
やっと見つけたのがこれ。サイズ、テイストともに○です。
もっと早くに見つけて敷いておけば良かったです。スウェーデン王家の
ご用達のブランドだそうで。期せず北欧モダンテイストアップです!

ぎんわ

↑ モダンな北欧テーブルランナーはこちら。

web拍手