×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いよいよ展示場めぐりを開始します。
正直、どこのメーカーがいいとか候補はありませんでした。

メーカー1本釣りする人はあまりいないはず。
相見積もりで値引きや条件競争させるのも否定はしませんが
やはり、商品の一長一短はありますし、現物を見ないと分かりません。

特に今回は展示場めぐったのが夏。断熱、空調など各社強調してますが、
違うものですねー。
謳い文句のようにカラッとしていたりジメジメしていたり・・・。
これは体感してみるしか確かめようがないです。

ここに示す内容はあくまでも参考です。全ての商品、営業に
当てはまるものではありません。

※以下はメーカー選定までの日程です。




日時 展示場・打合せ
2007年
06月16日 親世帯展示場めぐり
06月23日 初展示場めぐり
O展示場へ
07月01日 T展示場へ
07月07日 N展示場へ
07月15日 大和ハウス打合せ
07月19日 住友不動産打合せ
07月22日 トヨタホーム打合せ
07月28日 大和ハウス打合せ
07月29日 住友不動産
完成住宅見学
07月30日 トヨタホーム
完成住宅見学&仮契約
大和ハウス打合せ
08月04日 メーカー選定予定
08月05日 大和ハウスへ
お断りの連絡
08月12日 住友不動産
完成住宅見学
08月13日 易占い
家相相談
08月15日 トヨタホームへ
お断りの連絡
08月16日 住友不動産に決定

ここからかなり長いですが、実際の雰囲気はつかんでいただけるかと。
多分に営業さんの駆け引きあると思いますのでだまされないように!!

登場ハウスメーカー パナホーム
トヨタホーム
へーベルハウス
住友不動産
大和ハウス

6月23日 O展示場へ
  近くの住宅展示場にいってみる。初めての住宅展示場めぐり。
  各メーカーのコンセプトモデルだから当然どれもおしゃれ。
  こんな家本当に建つのか?いまいち現実味がない。

  小さな子供がいるので、そうはめぐれない。1日2、3物件か。

  まずは事前のネット検索で各社の評判を調査し、
  評判のよかったパナホームを見ることは決定済み。
  あとは、トヨタホーム?一条は、営業が強引らしいのでやめる。

  駐車場から一番近いのがパナホームだった。
  ちょうど立て看板には2世帯住宅相談の看板。
  のぞいてみる。外見はそんなにモダンじゃないが、エントランスは広々。
  エントランスの左に和室。右にリビングとダイニング。
  応待してくれた営業の方は、パナホーム初めてですか、
  MHめぐり初めてですか、の探りから、
  現在の土地状況などの探りを入れ、
  まぁ冷やかしだけでなさそうということで?一通り案内してくれた。

  一応MHは2世帯仕様。ただし、2階はミニキッチンと言うことで
  完全分離ではなく共用スペース型の2世帯だろう。
  2階にはキッチン以外は水回りなかった。

  下のリビングとは吹き抜けになっていた。
  キッチンは赤を基調としたもの。
  ナショナル系の設備で統一されると言う。
  お願いすれば他メーカーも選べるとのこと。
  シンク回りは一昔前ということで少し控えめな説明。
  2階は寝室と子供部屋。子供部屋は明るく、
  引き戸は下死点で少しきつくなる挟まれ防止機能付!
  エアコンも天井埋め込みだ。
  ウォークインクローゼットは4畳半。十分だね。

  部屋数は少し少ないものの1階で40坪強。
  部屋数増やすと各部屋狭くなるか?

  そういえば珪藻土が置いてあって霧吹きのパフォーマンスをしてくれた。
  吹き付けたはなから消えていく!すごい吸水性。
  これを壁の間には標準装備らしい。
  押入れなんかにも使うと湿気対策になるらしい。
  光触媒のタイルもパナホームの売り。実演してくれたのはガラス。
  水を吹きかけてくれると、おお!面で張り、玉にならない。
  玉にならないから砂埃の後が出にくいんだと。同じくタイルも。

  初期コストは高いが、ランニングコストは抑えられますとのこと。
  あとは、基礎下から吸いあげる?ダクト。呼吸させるとのこと。
  呼吸にはパナホーム得意の煙突もあるらしい。

  この営業の方の去年の実績はすべて2世帯とのこと。
  2世帯多いですよ。とのこと
  値段は聞き方がまずく、トータルいくらか不明だが、
  パナホームで建てた方の価格相場は
  (おそらく本体価格3500-4500)とのこと・・・。恐ろしい。
  ちなみにこのモデルハウスは5000万くらいですとのこと!

  トイレも広いな。お手洗い別タイプ。風呂もまぁまぁ広い。
  洗面所もユニットじゃなく、
  高いんだろうが、ああいうセンスのが欲しい。
  営業も深追いしないタイプ。一見と言うこともあって、
  「まぁお互いに信頼関係を築いた後じゃないとすぐに
  売り買いするものじゃないですし、
  じっくり理解しあってからですよ。押しかけなどしません」
  という好印象。といってもアンケートは書きました。

  次にトヨタホームを2件。

  アーバンウィンドRとセゾンか?
  アーバンいいね。高いだけあってモダン。
  営業つかなかったから説明は聞けなかったけど、
  和室はパナよりセンスがあったかな。坪庭も見える。
  あとは中庭もトヨタホームらしい。
  コートタイプ。植えてある緑がいいな。

  DKはRを基調とした間取りで 
  明かりもあり透明感あるモダンスタイル。
  シンクもパナよりは新しい。イナックスだった。
  トイレとか風呂はあれがはやりかね。あまり差異はなし。
  2階は商談中の家族がいてあまりふみこめず。
  意外にセンスが良かった印象。

  次もトヨタホーム。核家族用か。
  間取りはそれゆえコンパクト。
  特筆は広いタイル状のエントランスと、奥の家事室か?
  2階の子供部屋にはロフトがあり、3階もあるのか?
  和室は格子状の引き戸で和を演出。ビル内の和食店的演出。
  誰もつかなかったので価格帯は聞けず。

  本日の結論。頭金足りねぇ!
  本体価格2世帯なら最低3000万は見ないとねぇ。
  完全分離でかつハイセンス高機能の家は難しい?

  どうりで街に建つ新築の家が画一的で面白みがないわけだ。
  高いんだね・・・・。おしゃれな家は。
  資金繰り考えよ・・・。

7月1日 T展示場へ
  今日はCハウジングセンターへ。
  目的はトヨタホームのシンセ・レゾン。

  その前に何気にへーベルへ。2世帯といえばへーベル?
  某先輩の奥さんがあきらめたところだ。あきらめた理由は高いからだと。
  見るのはただ。いいアイディアはいただければ幸い。

  入ってみると、すぐ左がリビング、ダイニングだ。
  白とダークブラウンを基調とした感じだ。
  すぐに若い営業がついてきた。少し説明してもらう。
  ここは2世帯用展示とのこと。
  後で知ったがへーベルは2世帯の老舗ってところらしい。
  持ってきてくれた展示のパンフは
  1F、2F(3F)あわせて90坪!でかすぎる!
  その理由は後でわかるが。

  まずは寝室。あまり広くない感じだ。
  逆にこれくらいがいい。8畳弱といっていた。
  今後間取りを決める基準に覚えておこう。
  トイレ、バス、洗面所まわりのサニタリーは先客がいて
  あまり説明を受けることが出来なかった。
  ただ、脱衣所、サニタリーの仕切りが透明のガラスタイプ。
  俺はこっちがいい。視界があるので広く感じる。
  広く感じるのはユニットバスじゃないからだそうだ。大工制作品らしい。
  1Fで面白かったのは、半地下の書斎だ。
  階段1本の間取り分で、実空間はフロアの下。なるほど。
  和室も廊下は石畳だ。室内でも屋外の離れを演出か?
  廊下の突き当りなどに玉砂利式の間接照明壷オブジェの演出。
  センスはいいが、実際にはこういったところが削がれて
  面白みのない間取りになるんだろうなぁと、しみじみ。

  2Fはイメージ一新。
  白く明るい光のルームだ。モダンテイスト色が強い。
  ダイニング回りもセミではなくてフル仕様。バスはユニットだったが。
  寝室の奥にWIC。
  少し、2世帯について聞いてみる。この付近の相場は延べ床で
  完全分離だと55坪。本当の核家族用一軒家で相場が40坪。
  だから2世帯だと80坪はほしいと。実際そこまでは無理ですが。
  モデルルームは一応そのコンセプトで90坪とっています。
  一番いいのは2F建ての家を連結するタイプが理想だと。
  でもそれだとたとえばトイレなんか最悪4ついることに。
  だから予算的妥協で上下分離が多いのだとか。
  ちなみにへーベルさんの坪単価を聞いてみる。「70万です」
  「!」高いなー。
  50坪だから、3500万が本体。総額4500万だとか。・・・

  まあ今度の週に2世帯の予算を見積もってもらうことにした。
  一応上限の予算と言うことで。センスはいいからなー。

  続いてトヨタホーム。
  入ってしばらくして営業の人が出てきた。
  一通り1Fを説明してもらう。このレゾンは、
  営業の人も言っていたが洋館風だとのこと。
  もっともトヨタホームは内装外装設備、
  カタログから選択オプションなので
  洋館にもモダンにも出来るとのこと。
  シンセだから洋、エスパシオだからモダンとか言うことはないらしい。

  シンセ、エスパシオの違いは工法とのこと。
  鉄筋は鉄筋だが工場で作られて現場に運ばれてくるのが
  シンセ。鉄筋を木材のように、現場で組み立てるのがエスパシオ。
  だから、R形状とかなんでも対応可能がエスパシオ。
  シンセは組み合わせ対応ということか。
  よって工場生産のシンセの方が安いとのこと。
  ただ、今回の土地は道路が狭いからトラックはいるか?疑問。

  いつ建てたいか、土地の有無などを聞かれ、
  相当現実味があると判断されたのか、
  簡易間取りを見積もってもらうことになった。

  どうしても土地が気になるらしく、
  土地のある近辺の業者用マップを持ってきた。
  まぁこのあたりですと言っておく。無料で土地調査してくれるらしい。

  アンケートには総額記入欄がある。
  3000〜3500に丸を打っておく。

  営業さんは、土地の広さから延べ床の坪数をはじき、
  12×9mで60坪はいけますよとのこと。
  自動開閉の車庫とかをつけなければ2800万の本体価格で
  付帯工事込み3500万内でいけますとのこと。
  「早!」
  こっちもチラシなどでトヨタホームが50坪2580万で
  完全分離2世を特別価格ではあったがやれることを知っていたので
  まずまずの想定内の数字。
  坪単価 56万。まずまず?かな。
  少しローンの話もする。
  「年収の5倍が借り入れ額のいいところですよ。」
  「駐車場も4台いけます。」

  ということでこれまた、親御さんをお連れしてください。
  実際の間取りプランと3Dモデルで検討してみましょう。
  とのこと。早いなー。
  まぁ営業さんの、いつまで巡っていても決まらないですよ、
  との談も分かるし。
  「金利は毎月上がってますよ。消費税とかも。そうじゃなくても
   また裏でこっそり出費に関わる法律制定される公算大きいですよ。」
  というのが業者の嗅覚らしい。

  やはり年内には細かい仕様を終わらせるのがいいとのこと。
  2世帯だと工法の早いトヨタホームでも
  4ヶ月。他のメーカーなら半年はみたいとのこと。
  さらに家の間取り、仕様をきめるのに、1+2=3ヶ月かかるらしい。

  注文住宅は駆け足。だな。センスも急いで身に付けないと。

7月7日 N展示場へ
  今日は初めてねらいの商品を見に行くと言う、能動的な行動にでた。
  商品は住友不動産のJ・アーバン。
  住宅情報誌で見ていたら、直感的にオシャレな家だなぁ、と
  思っていましたが、参考価格を見ると、坪単価が意外に安いぞ!?
  しかも、らしいです。これは要チェックです。
  この商品はこの展示場にしかない。そもそも住友不動産自体がすくない。

  J・アーバンの前に立つと、うん、おしゃれだ。近未来的。
  もっとも延べ床80坪強らしいから、堂々の間口だ。
  さすが2006−7グッドデザイン賞。
  入り口にはすぐに中庭。ガラス張りの玄関に中庭。これが特徴。
  商品名にコートが付くくらいだから当然か。

  お姉さんがアンケート持ってきた。この人は営業ではないらしい。
  「今営業の人がきます」とのこと。

  営業の方はいろいろ、質問しては、アンケートの結果に追記していく。
  なんか、取調べを受けているようだ。
  資金面とか、要望欄をみてるんだろうなぁ。

  中は、明るい印象。中庭に面しガラスを張っているだけはある。
  キッチンとかのタイルも小さなキューブ状で、
  張り方も手作業の雑味があり、
  それがモダンさの中にも温かみを感じさせる。
  フロアの色もこのくらい明るいとまぁいい感じ。

  風呂とトイレはユニットか。

  勾配天井と言うことで場所によっては天井がダイレクトに斜めだ。
  勾配天井もクロス貼りではなく板張りのところもあった。

  吹き抜けの2階側も、ガラスの壁というようにガラスをよく使っている。
  そのあたりが近未来。

  3階もあるタイプだ。片流れ屋根の裏を使っているのだろう。

  モデルハウスは広い。実際に建てる家の中はかなり狭いだろうから
  +αの階はあったほうがいいだろう。

  中庭はなくてもいけますよとのこと。
  土地70坪以上でしたら普通に庭を持ったほうが
  いいですよ、とのこと。でも中庭が面白みなんだよな。
  6畳程度の中庭を持つ人もいるとのこと。
  しかし坪単価でいうと中庭があると少し高くなるとのこと。
  本当の都心の人が、庭を持つために作るものですとのこと。

  坪単価を聞いてみる。完全2世帯で延べ床50坪くらいとすると、
  うーん、2400万からですか?とのこと。
  安い!坪単価40万台かららしい。
  「坪単価50万台は住友不動産ではなかなかいかないですよ。
   3000万かけたら相当なんでも出来てしまいます。」とのこと。

  もしメーカーに選定するとなると近くに営業所がないのが痛い。
  それでもこれは相当有力候補だ。

  次に大和ハウスを見てみる。

  うーん、和室は黒の御影石ぽい床の間に、埋め込みの照明、
  黒の和紙ぽい壁紙、埋め込み間接照明、それに樹脂の和紙風障子引き戸。
  イメージは、ハリウッドの曲解した日本的テイスト。
  なんかキル・ビルライク?です。

  白と黒の色調。とくに面白みはないかな?
  すごくジメジメしていた・・・。これは説得力ないでしょう。

  聞いた話で面白いのは
  最近の主寝室は12畳くらいが多いですよ。とのこと。
  今では寝るだけではなくて、子供が寝た後、夫婦でお酒を飲んだり、
  余暇を楽しむスペースを確保するスタイルが多いとのこと。
  あとは間取りでは、完全に部屋、部屋で分けるより、
  プライベートな部分は遮蔽して
  あとはオープンスペースにするスタイルがトレンドとのこと。
  確かにショールーム的配慮で、見せるためとはいえ、ドアとか少ない。
  エントランスも完全分離とかいって2畳2畳ではねぇとのこと・・・。
  あとからリフォームでひとつにした例もあるとのこと。
  まぁ、玄関とかひとつにして吹き抜けにすると面白いかも。

7月14日 へーベルダウン
  今日は本当はへーベルさんに説明を聞きに行く予定だったが、
  説明の前に資料を一度お届けします、の予定が当日までに
  届けられず。やる気ないのかな?もっとも坪単価70じゃ、
  こっちも金がないが。と思っていたら
  当日の朝、営業の方から連絡あって体調を崩しているとのこと。
  またこの次の予定はいつにしますか?と確認されたが
  もう、他社の見積もり入っているので、今月中は無理、と答えると、
  また8月くらいに連絡しますとのこと。
  まぁ、あまりメーカー増やすと断るのが大変。
  へーベルは縁がなかったということで。高いしね。

  夕方いきなり大和さんから電話があった。
  「今日明日台風でしたので、本当は今日お誘いしようと
   思ったのですが雨でして、明日お時間どうですか。
   夕方お邪魔してもいいですが・・。既に何社か見積もりされてますか?
   是非弊社も見積もりに参加させてください。」

  お邪魔されるのも困るし、どうせなら大和の2世帯も見てみたい。
  それに2社の見積もりが今月中。
  早めに比較したいので 明日出かけることにした。
  この前の大和とは違う展示場に伺うことに。

7月15日 大和ハウスプラン提示
  住友にはすでに大まかの間取りの要望も伝えてある。
  大和には今日土地の住所、位置をお渡しして
  実際の土地でのプランニングをこちらの要望を伝えてしてもらう予定。

  そうすると、トヨタホームだけこちらの要望を伝えていないことになる。
  一方的に間取りを示されても希望に添わなければ
  価格も比べられないし、やり直している時間はない。
  ということで朝電話する。

  希望間取りと、デザインの優位さからシンセじゃなくて
  エスパシオでお願いしたい。ついでに2世帯用の
  サンプルプランの間取りから近いタイプを選んで、
  部屋数や要望など 変化点を伝える。

  営業さん、かなりテンパってた様子。
  「シンセじゃ間取りの変更は難しい、エスパシオは
   坪10万は高くなりますねぇ、シンセの
   新商品スマートステージミューで計画していたんですよ。
   って、土地ってどこでしたっけ?いまから見てきます。
   頑張らせてください!」

  ってかなり前に土地の住所教えていたはず・・・。
  急な予定変更お願いしたのは悪いけど、余裕のなさ露呈しすぎ・・・。
  頼りない。

  そんなこんなで大和の展示場に到着。
  数物件大和さんは展示していたが、どのモデルにいるんだろう。
  もらった写真のハウスに行ってみる。いた。ここだったようだ。

  展示ハウスは、前のモデルよりは外見は普通だが中は、
  白いタイルを基調としたモダンテイストがある?印象か。
  まぁまぁか。一通り説明をうける。
  基本は前のハウスで聞いたような感じか。
  見積もりルームへ通される。TVへ映し出されたPC画面には
  すでにエクセルで計算された大まかな費用が出ていた。

  ちなみに、今の見積もりさんは?「トヨタと、住友です。」
  「不動産のほう?」
  そうすると「J・アーバン?」「そうです」
  「じゃあうちのこんな商品は?」とパンフをだしてきた。
  やるね、

  本体価格に目が行く。2800万。!意外に安い。
  ここで外れると思ったのに。ただ
  完全2世帯の値段ではないとのこと。風呂なんかは1つの値段だ。

  ここから空白ゾーンを埋めていく。

  まず外構。壁は本体に見合ったものが見栄えがいいと。
  おおよそ70坪の土地だと150。200あれば余裕。ということで
  180くらいに。
  下水などの受益者負担金などは未記入。
  照明は間接ダウン照明だと1つのシーリングよりは高く30万くらい。
  カーテンも未記入。

  「エコウィルやソーラーパネルをつけたいですか。」
  「イエス。」

  画面の数値はトータル3500くらい。えっ?予算内に入ってしまった。

  光熱費エコを何もしないのが年26万の光熱費に対し、
  すべてエコやると12万くらい?少なくても年10万くらい浮くらしい。
  投資は20年でペイできる計算。

  その後、いきなり、要望チェックの嵐。今の住まいで気に入らないこと、
  かなえたい夢、キッチンは、同居での要望は、
  1Fの間取りは、趣味は、お酒飲みますか、帰宅時間は?
  起きる時間は?などなど、

  車も4台です、バイクガレージもほしい、家庭菜園も、バーベキューも、
  って土地に入りにくいと思うけど
  なんでも ハイハイ。おー、同じ設計者として
  要望が厳しければ 燃えるんだろうね。
  畑違いの設計者の僕でも、言っている間取り、要望は、
  うーん、腕でなんとか都合つけれそう。そういうレーダーは働く。
  住宅のプロなんだから、きっと可否判断フラグ立っているんだろうね。

  すっげー、いきなり的確に要望を吸い上げ、
  命中率の高い初弾を打つつもりだ。
  できる営業だな。さすが、最近まで本社で商品の
  企画開発をしていただけある。

  間取りも予算も、要望も伝えたので
  来週プランニングをもとに、親をつれて再検討に訪れることに。

  安くはないが、エコ装置まで込みで予算に入れてくるとの意気込み。
  間取りとかで取しろはあるんだろうが提案型のできる営業さんだった。

  家に帰ると トヨタホームさんからの電話
  「やっぱりエスパシオじゃ足がでます。予算オーバーです。
   シンセなら・・・。でもシンセは間取り変更できません。
   7月までのキャンペーン、8月まで伸ばせないか
   所長に相談してみます。、お車って何台でしたっけ・・・?」

  他のメーカーが先行してるから、大慌て。
  なんか大変そうだな。悪いことした。

7月19日 住友不動産プラン提示
  今日は平日だが休みをとり、住友不動産のプランを聞きに最寄の展示場に
  営業さんに来ていただいた。
  本当はもう一度Jアーバーンコートの実物を見たかったが
  小さな子供もいることだし仕方がない。

  到着すると営業さんはすでに来ていた。
  机の上には パンフレットと資料。

  始まる前に、すでに進んでいる他社の様子が気になるようで、
  「メーカーさん伺ってもよろしいですか?」
  「別にいいですよ、大和さんと、トヨタです。
   大和さんは一度終わり、トヨタはこれからです。」
  「大和さんは込みこみで、3500に収めてくるそうです。」

  「・・・そうですか。」

  自分の見積書を出す前に、効果を探るようだ。
  当然もう見積書は出来ているのでいまさら変えることはできない。
  いわば後出しじゃんけんだから、探るのも当然。
  ヒアリング結果、相対評価でいける、と判断したのか話が始まる。

  「まずはこちらが作成したプラン・間取りです。」

  土地情報から引いた線内にこちらから参考として
  お願いしたモデルをアレンジし、要望した延べ床、部屋数になっていた。
  延べ60坪、玄関共用の完全分離2世帯スタイル。
  1F LDK、広めの和室、主寝室、WIC。
  2F LDK、和室、子供部屋2つに主寝室、WIC。
  まずまず。だが要望するときに忘れていた、
  1Fにも来客泊まりようの1部屋をつけてください、
  2Fにも仏間を。という要望。

  「部屋数で金額はあまり変わりません。
   大枠サイズが変わらなければ。」とのこと。

  外構は、車3台。アプローチ、庭。とのこと。

  大まかな間取りが問題ないということで、次は住友の標準仕様の説明。

  屋根、壁材、フロア、壁紙、キッチン、バス、トイレ、洗面。。。
  この標準仕様内ならどれを選択しても値段は変わらないとのこと。

  ここはどこでも同じだろうと。
  本当はメーカーによる金額差があり、慣らしベースというか、
  取代になっているんだろうが・・・。
  同じ金額なら少しでもいいタイプを選ぶしかない。

  ガラスマリオンは知っていたが残念。オプションだ・・・。

  現在、キャンペーン中で、キャンペーンあり、なしだと
  これだけ違うという説明をしてきた。
  同じものを買うのに数百万の差は確かに大きい!
  これは営業の殺し文句だ。うまいな。

  逆に完全2世帯だと住友といえども高くなるんだな。普通だ。

  お約束で、外構、電気、カーテン、エアコンは条件により、で
  未設定。含まずだった。

  それでも相場で検討をつけ大体聞いていく。

  大和で聞いたようなもの。どこでも大体同じとのこと。

  外構200万弱、電気40万、カーテン1フロア30万、
  エアコン1箇所10万・・・。高いな。

  「エコキュートとかしたいんですよ。ソーラーとかも」

  「エコキュートは2世帯ですと2基は必要でしょうね・・・。
   ソーラーは私が手がけた物件では1件しかないですよ。
   あまりそんなに効かないですよ・・・。」

  まぁデザインスポイルすることになりそうだし。

  込み込みで総費用3400から3500ってところのようだ。

  その後資金の話になるが、フラット35とかだと
  本体価格の80%しか借りられないはずとのこと。
  今は金融機関によって90%もあるが100%ではないらしい。
  何の80%かというと契約工事の80%らしい。3400万のうち
  本体価格3000万が契約工事だからその80%ということ。
  借り入れは2400万か!
  「差額1000万は自己資金ということになります。」
  とのこと・・・。やばいなぁ。

  少しブルーになって、総額予算の3500をベースに話をする。
  営業さんは大和の出方を気にしているよう。
  「この前の見積もりは48坪で、共用型の2世帯で、
   お風呂なんかは1つだったんですよ。それを完全分離の2世帯に
   するから予算には納まりそうもないと思うのですが、
   設備とかが高いんだろうから、その他の床部分が広がっても
   費用にはそう、効かないんじゃないですか?」

  「でも10坪広がって、床だから坪単価50万より安いとして
   40万で仕上げても400万じゃないですか。
   かなりあがるはずですよ。」
  「大和さん、エコキュート、ソーラー入れて完全2世帯で
   3500に収めるって言ってました。」
  「・・・ほんとうだったらすごいですね・・・・。」

  大和さん、かなり相場を切ってくるようだな。
  どんな取しろがあるんだ?

  ある意味楽しみだけど?

  提案物件の外見イメージは白一色の単調な?
  正直なんだこの単調な家は?って感じだった。
  そこでガラスマリオンの値段を聞いてみた。

  ここはあまり突かれたくような印象だ。

  きっとアーバン選ぶ人は、ガラスマリオンに惹かれて選ぶんだろうが、
  雑誌や施工例などではついていない家も多い。
  きっと値段であきらめるんだろうな。だから心苦しい点なんだろう。

  間取りを見て、バルコニーの距離をざっと測って7mくらいか。
  「うーん、150万くらいですかね・・・。
   間口も広いんで、つけるとかなり引き立つでしょうね。」
  「意味はなんですか?光は通しますよね。」
  「採光はできます。プライバシー効果あります。」とのこと。

  「実際の施工した家を見てみますか?
   このあたりにも何軒かあります。」とのこと。

  まぁ、あのイメージ図では寂しすぎる。外構や色違いタイルで
  どうイメージを実際の物件では世の施主さんが
  ブラッシュアップしているかみてみたい。
  内装の仕様は?大和さんにくらべ、少し華奢な感じの住友。
  実物を見ないことには イメージがわからない。
  モデルハウスは豪華仕様だからな。

  ということで大和さんの打ち合わせ前後に設定してもらうことに。

  「ちなみに、住友はどうですか・・・。」

  探りにきた。

  「キャンペーン5軒中、7月で3軒売れました。
   残りの2軒は8月のために取っている状況です。」
  「8月中に各メーカーを比べ、9月に確定の返事では
   おそらく売り切れてますよ。一ヶ月も検討にとる必要ないなら
   早めの決断がいいですね。
   8月中なら上司に声掛けして待ってもらうことも可能です。
   見積もり取った以上、そのお客さまがどうなったのか
   フォローは入るんですよ。」とのこと。

  うーん、住友建ててみたい。でも大和もなにかやってくるかも。
  床下暖房やガラスマリオン入れると、
  キャンペーン中の住友でも3700万コースか???

7月22日 トヨタホームプラン提示
  今日はトヨタホームへ。一番最初に予約を入れていたところだ。
  他社の動きに翻弄され、間取りも要望に合わせ、
  あわてて仕上げてきたと思う。

  デザイン的にはエスパシオで、とお願いしておいた。
  なにしろ基本的にシンセシリーズは単調かなと。

  行ってみると営業さんがあかるい。テンション高いな。
  両親もいるからそちらに猛烈名詞アピール。で、資金のこともあるんで、
  間取りは両家で。資金の話の時には帰ってもらうことに。

  いざ、プラン説明開始。まずは間取りから。
  シンセのユニット工法お得意のぶち抜き開放間取りのアピール。
  確かに壁がない、リビング、和室と、ひとつながり。
  動線も最短で。みたいな。本当はサークル動線なんかにして
  狭い家の中を一生懸命歩きたいんだよな。
  まぁ広いのはいいことけど。

  トヨタホームでしたら標準でこんな仕様が選びい放題ですよ。
  窓もドアもこんなに。みたいな。
  まぁ他のメーカーでも選べると思うけど。
  少しヒアリングした時点では窓のシャッターが標準なのはびっくりだ。
  しかも侵入者が下からこじ開けようとすると
  反力をかけるという。すごいな。

  でも家のビューをみたら!!がっかり・・・。
  デルタじゃない・・・。ミューだし、しかも1F2Fとも
  同じボリュームなので単調に土管的スタイル。総2階だ。それに
  屋根は寄棟スタイル・・・・。幼稚園児が書く家ってこんな画だよなー。

  一番最初に2世帯はそうなりそうだから面白くないですよねって
  言ったら、大丈夫ですよって言ってたのに。
  まぁ叩き台だからいいとして、

  いよいよ値段。
  !!総工費、外構などなしで3600万オーバー。!!高すぎる!

  3000万以上借り入れる気はしない。
  いかに金利が安くても抵抗がある。
  最初に、2800万借り入れで3500万で
  建てられますって言ってたのに。

  おしっこをした子供のオムツを取りに車に戻っている間に、
  嫁さんに営業のアピールがあったようだ。
  戻って机をみると、400万金券?なんだこれ?

  「キャンペーン期間中の抽選の物件ですが、ゲットしました。
   仮契約された後でキャンセルされてもいいです。
   400万ですよ!うーん、42インチプラズマもつけます!」

  まだ折れないぞ。だってデザインが・・・。

  こちらも他社が総額3500でソーラーやエコキュートまで
  つけようとしてきていることを伝える。
  そうするともう、涙ながらにトヨタホームの仕様アピールだ。
  分かるけど、どこも同じなんだよな。

  はっきり言うしかない。
  「シンセ、エスパシオ、工法は問わないが、仕様だけじゃなく、
   外見デザインも大事ですよね・・・。住友Jアーバン、
   大和さんの、差掛スタイルの屋根。エスパシオならデルタですか。
   本体構造はシンセで 屋根だけデルタライクにできますか。
   それにオール電化、エコキュート、床下暖房までいれて、
   総工費3700万くらいなら 検討価値あるんですけど・・・。」

  営業はすこし青ざめていた。所長に相談するんだろう。
  400万サービスされても絶対値の金額がまだ高い。

  30日にプランを出しなおしていただくことに。

  夜にはパナホームからキャンペーン最終日の電話説得だ。
  「パナホームさんは高いと思って声かけしなかったんですよ。
   60坪玄関共用完全2世帯でパナホームの相場で
   本体価格3000万にはいりますか?」

  「・・・・無理です。鉄筋軸組みなので
   トヨタエスパシオより高いです。」

  非を認めたからには営業活動断念のようだ。
  取しろでもカバーできる分じゃないんだろうな。
  完全な持ち出しになるだろう。ある意味賢明な判断だ。

  って、こんなに各メーカーに大和の提示金額相場に言ってるけど
  実際に大和がやれなかったら、
  うそついて駆け引きしてるだけになっちゃうだろ?
  大丈夫か?大和さん。

7月28日 大和ハウスプラン提示
  先日、間取り、希望要望を吸い上げた結果のプラン提示をうかがいに
  再び大和の展示場へ出向いた。
  両親にも来ていただく。

  まずは営業さんの両親への平身低頭な挨拶と大和ハウスの説明だ。
  いよいよプラン説明。おー、ケーキが出てきたよ。
  さすが業界最大手は違いますか。
  でも問題はプランですよ。

  大和ハウスのプラン説明はプレゼンスタイルなんだな。
  パワーポイントを使ってコンセプトを説明していく。まぁ前置きは
  ずれていない。

  で、これが外観、パースです。って出てきた絵が
  総2階切妻屋根!!アパートかよ!!
  平面図はコート、中庭を中心にし廊下でぐるっと取り巻いた
  サークル動線。うーん、嫌いじゃないけどね。やや土地の奥行き方向を
  食いすぎるか。駐車スペースが心配だ。

  説明に入っていただく前に外観に注文をつけさせていただく。
  「パンフレットのこんな感じがいいんですけど・・・。」
  先日大和のモダンスタイルで見せてもらった写真をしめす。

  「あぁ、こういう感じですね。片流れのコンクリート打ちっぱなし調
   ですね。いやー、ソーラーパネルつけるって事だったんで、南に面して
   屋根を切妻にしたんですが、少しお待ちください。」

  目の前でCADをいじりながら外観を仕上げていく。
  15分程度で見事外観は生まれ変わった。うん、悪くない。
  いかにも大和らしいパースだ。

  次に間取りのコンセプトの説明を受けていく。1Fはまぁ良し。
  2Fは・・・。あれ?主寝室がない。1部屋注文より少ない。
  「どこで、寝るんですか・・・?」
  「はい、和室(仏間)で寝ていただきます。」
  「・・・。」

  「部屋割りは将来を見据えて考えたほうがいいですよ。後20年もすれば
   お子さんも独立し、部屋も空くでしょう。そうしたらそこを
   専用寝室に・・・・。」

  なおも説明が続くが、前から少し気づいていたがこの営業さんは
  なんと言うのか、自己のプランを押し付ける傾向が感じられる。
  「はい、これがプロの提案です。住んでください。」
  みたいな。
  少し今後仕様打合せなんかで苦労しそうな気配だ。

  続いて予算計画の提示。
  込みこみで3500に収めるといった提示やいかに?
  !!はい、見事予算オーバー。エコキュートは2機だが
  床暖房は1Fのみ、ソーラーはなし。
  それに照明や地盤改良費など まったく空欄で3700!
  これは込みこみで総工費4000万オーバーの勢いだよ。

  さすがに、難色を示す。
  「空欄も多いし、これでは総額が分かりませんね・・・。」
  「きっと、もっと最終額は高くなりますよね・・・。」

  そりゃそうだ。見積もり欄全部埋めたら総額ビックリ価格で
  一気にお断りされるから。
  でも、各社せめて同じ欄は埋めていただかないと比較にならない。

  暗に乗り気じゃない雰囲気を醸し出し、距離をおく。

  「分かりました・・・。今回外観も直したことですし、もう一度
   修正して、見積もりもしなおして再度お持ちします。」

  あまり期待も持てずに展示場を後にする。
  大和は高すぎた。無理だな・・・。

7月29日 住友不動産完成住宅見学
  昨日は大和ハウスだが、今日は住友不動産の完成住宅をみせていただく。
  Jアーバンコートという物件を探したためだろうか、完成間際の
  養生工事中の物件だ。

  これに両親も同席する。場所は山間部。結構迷いました。
  炎天下の中、まだクーラーも設置されていない住宅で長いこと
  営業さんを待たせてしまった。

  山道を走っていくと、ナビの示す場所に、あったアーバンコート。



  このあとさらに展示場まで戻り打合せ。
  気になっていた大和の見積もり結果を聞きたいようだ。

  プランの総額がめちゃくちゃ跳ね上がっていたことを告げると
  ホッとしたようだ。
  「正直、大和さんは建てられません。脱落です。」
  ほかにトヨタの動向の気になる様子。ここまで来るとある程度
  腹を割って他のメーカーの様子も率直に出していく。
  トヨタの400万キャンペーンの件も説明し、価格的には
  住友と差異がないところまで来ていることを説明。
  トヨタは品質、質感では劣らないでしょう。
  むしろ今日の現場見学で好印象を与えられなかったことは
  営業さんも認識している。少し分が悪いのは認識している。

  あまり値段をちらつかせるといやらしいですが、うそを言って金額を
  引き下げようと思われても嫌なのでトヨタの見積もりも見てもらう。

  「すごいですね・・・。この価格でやってくるんですね。」
  
  「えぇ、なんか捨て身なんですよ。儲けいらないんですかね。」

  これでライバルも必死なのを実感したらしい。
  逆にその値段をみてまだ勝算ありと踏んだのか、新しい見積もり書を
  出してきた。
  住友不動産の少し値引き提案だ。
  総額は、きっちり予算内。それに今まで空白だった契約外工事の
  概算まで入れてだ。リアルな総額。

  「この数字はどうですか?」
  探ってきます。
  「いいですね・・・。」
  空欄記入済みで、ほぼ確定金額で予算内。
  本来即決の域だが、他の同居予定者の意見を無視するわけにもいかず。

  今週いっぱい考えさせてもらうことにして。本日終了。

7月30日 トヨタホーム完成住宅見学会&仮契約&大和ハウス来訪
  連チャンで今日はトヨタホームの完成分件を見せていただく。
  高い買い物だけに現物を見ないことには決められない。

  展示場に着き、営業さんの車に先導され現場に。
  ここは、トヨタホームだけの分譲地。圧巻だ。ない商品はないって感じ。
  カーダが目を引く。

  まずは現場のプレハブ内で再びプラン提示。
  先日再三文句を言ったデザインの件、
  「ずいぶんモダンにできましたよ。シンセでもここまで出来ました.」

  パースを見て、おっ?結構面白い。
  パナホームライクな面構え、窓も縦スリム、プチ窓を使って
  モダンさを演出している。
  価格は以前と同じ。住友とほぼ同じ。
  で、図面を見ていくと正面図ではやはり堂々の寄棟・・・。
  うーん、遠見で見た場合のルックスは期待できないか。

  続いて見学させていただく物件に到着。
  シンセかな。外観は寄棟で不満だが、クオリティの高さは一目でわかる。
  建売を買おうと思うなら問題ないのだが。

  中に入るとナチュラル系のコーディネート。昨日完成間際の部件を見た
  直後のためか、仕上がりの高さが分かる。
  床、壁の剛性も高い。昨日、気になった2階を歩く音。
  2X4の弱点でもあるが、トヨタホームではどうだろう。
  わざと大音を立てて歩いてみる。営業さんも自信があるのだろう。
  私達2人を1Fに残して2階へあがり大げさに動き回ってくれた。

  おぉ!静かだ。これが鉄筋なのか?
  壁のエッジなどもR仕上げが出来るらしい。1箇所1000円だったか。
  室内はエアコンなど入っていないが、それでも玄関から室内に入った時の
  ひんやり具合をアピールしていた。確かに断熱は高そうだ。

  それから営業所へ戻る。

  品質の高さは十分感じた。昨日の今日ということもある。
  以前からトヨタの営業は仮契約を強く求めてくる。
  キャンペーンの確保という意味で。あくまで仮、仮、仮といってくる。
  後日破棄でもお客様には一切ご迷惑はおかけしませんとのこと。

  まぁ、営業トークだろうが、キャンペーン7月までとのこと。
  つまり今日までだよな。まぁ品質も悪くないし。仮契約しよう。

  出てきたのは工事請負契約書?これに仮契約ってあるんだろうか?
  まぁ押印しましょ。
  ひたすら押しまくり。手が疲れた。営業さんは上機嫌だ。

  こっちは内心、キャンペーン抑えて、デザインの歩みよりがどこまで
  出来るか後日相談だ。最悪、契約破棄して違約料出ても仕方がない。
  デザイン妥協はありえない。

  なんか、契約してしまったなぁと半分ビビリながら帰る。

  本日のもう1件。夜大和さんが最後のプランを持って来る。

  見積もりは各社さん最後の提出ということで、と伝えてある。
  空欄は止めてもらうことに。総額表示をしてもらう。
  トヨタからの帰りが遅くなったが、大和さんの営業の方も遅れた。

  あまり、家に入れるのは怖いが・・・。

  早速中に入ってもらう。うーん、さすが営業。はいって来るなり
  さりげなくキッチンまわり、収納不足、近藤典子さんの突っ込み処を
  チェックしているようだった。

  まぁ、金額は空欄埋めてもらったので純粋にアップ。
  おまけすることももはや限界のよう。
  パースは以前の修正版が入っていた。いろいろ大和さんの
  良いところ、悪いところも説明してもらう。
  こちらのほうも1週間考えさせていただくことに。

  まだこの日は終わらない!
  夜、今日トヨタの完成住宅見に行くことを伝えておいたので
  住友さんから状況確認のようだ。

  「どうでしたか。トヨタさん。」
  「今日は、キャンペーン抑えるために仮契約だけしました。」
  「・・・そうですか・・・。」
  「昨日の物件がちょっとまずかったですね。」
  「そうですね。施工の様子なんかを見ていただき、しっかり工事を
   行っているところ見ていただきたかったのですが。」
  「大和さんは価格でちょっと無理ですね。トヨタさんはデザインが
   気に入らなくて。多分変更するとかなり高くなるでしょうね。
   デザイン、価格のバランスで私は住友さんがいいのですが、他の
   同居者の意見が・・・。施主ですから最後の決定権ある分だけ、
   余計自分の意見を通すのに抵抗がありますよ。」
  「分かります。非常によく分かります。」
  「ですよねぇ・・・。」
  「・・・、もう一度住友の完成物件見ていただくことは
   出来るんでしょうか?」
  「えぇ、いいですけどキャンペーンの期間制限もありませんか?」
  「そちらのほうは大丈夫です。」
  「でしたら今回はセンスの良いモダンな物件で、完成済みの物件を
   紹介してください。両親にもう一度見てもらいます。」
  「分かりました。他の営業にも聞いてみて探してみます。」
  「また場所が決まったら連絡下さい。」

  これで、住友不動産の選択肢もかろうじて残ることに・・・。

その後しばらく
  メーカー選定約束の1週間が過ぎた。
  あまり引っ張っても先方にも迷惑。価格で現実味のない大和さんには
  お断りの連絡をすることに。
  やはり一生懸命プラン立てていただいたのに、断るのは心苦しいものだ。
  
  続いて仮契約中のトヨタさん。
  再三メールでデザインの提案や要望をしているが、
  まぁ反応良くない。わざと要望外のデザイン案を回答してくる。
  「このデザインがこの価格で出来るのかどうかが知りたい。」
  はっきり結論を出していただくことに。

  そうこうしているうちに住友さんから連絡だ。
  「物件見つかりました・・・。
   うーん、Jアーバンはなかったです。」
  「モダンですか?」
  「モダンはモダンです。ただしアメリカンという物件になります。
   洋館テイストですね。」
  「白基調ですか?」
  「白になります。」
  「完成していますか?」
  「完成しています。」
  「そうですか、テイストの違いは差し引いて見ますし、両親にも
   その意は伝えます。」
  「それで場所と日時は・・・。」

  前の完成物件で痛い目をみているだけあって、自信なさげだった。
  
  今回は品質さえ確認できればそれでいい。
  最後まで住友さんに粘ってもらう。結局住友不動産で建てたいという
  こと。その確信をもてれば問題ない。

  ある意味、厳選してきた物件。楽しみ。

8月12日 住友不動産完成住宅見学会
  場所は今回は少し遠い。高速で向かう。
  現地に着くと営業さんが先に到着していた。

  紹介された物件は、あぁアメリカン。シンメトリーがアメリカン。
  中に入ると!あっ、イメージいい感じ。フロアも明るいイメージ。
  建具がアメリカンで洋館テイストではあるがそれ以外は白を基調とした
  モダンテイストだ。全体的にトーンがまとめられセンスよく
  まとまっている。

  ここの施主さんはよく分かっている。営業さんのコーディネートかも
  しれないが、ずれていない。よく言いすぎかもしれないが展示場の
  雰囲気をもっている。

  和室があったのも実物をみれたので良かった。キッチン、バス、洗面所、
  トイレ。これもセンスがいい。浴室乾燥機、ランドリーパイプ、
  リネン室も女性陣には好評だ。

  1Fは天井高が標準より300mm高く、これも開放感を演出している。

  2Fに上がり、床を踏みしめる。うん、前の住宅より剛性が高い。
  トヨタホームなみだ。ただし、2階を歩く音はやはり正直劣る。
  響くのは箱構造の2X4の宿命らしい。

  「なにか改善できる方法ありますか。確か吊天井で考慮はされていた
   ように思いますが。」
  「1、2F間に防音マットを入れることは可能ですが、絶対効果を
   保証するものではありませんし・・・。」
  「そうですよね・・・。」

  うん、それでも十分だ。両親もまずまずの様子。いいところか。
  これなら説得できそうだ。

  本日はこの後の打合せはない。また近日中に結果連絡しますと
  営業さんに伝え現地で別れた。

8月13日 家相を見てもらおう
  プランもいただいたことなので一応家相も見てもらう。
  行く前に自分なりに勉強。
  結論、最新テクノロジーの家にはあまり当てはまらないものも
  多くなってきているのでは?

  昔は断熱や空調設備もなく、家の寿命や住人の健康は
  もろに天候の影響を受けていたと思われます。それを和らげる
  先人の知恵の集大成が家相かと。

  といっても間取りや設備の設置の仕方。つまり不注意を未然に防ぐ
  ポイントなど無視できないものも残っているように思えました。

  まぁ高い買い物ですから見てもらいます。

  家相を見てもらっているときに、鑑定士さんより
  「これは地北ですか、真北ですか?」の問い。

  よく分からないので 住友さんの営業に連絡。
  まー、営業、設計者さんからすれば家相あまり持ち出されるのは
  好ましくないでしょうな。

  それでも親切にお答えしていただきました。
  「正式測量していませんので、おそらく地北です。」

  とのこと。

  住友不動産とトヨタホーム両方のプランを鑑定していただく。
  いろいろ細かい修正が入っていく。
  結局、後日修正案を正式図面に折込検討依頼したが
  実際の使い勝手を優先し、採用されたのはほとんどなし。

  というのも両方のプランとも
  家相的にまずまず。70点以上あるとのこと。問題無いとのことでした。

  鑑定士さん曰く、
  「致命傷がなければいいですよ。いくら多少家相を気にされても、
   日々の掃除を怠り、ごみなどを溜め込んでおくようなことが
   一番悪いです。どんなに家相が良くても、そっちのほうが
   致命傷になりますよ。」とのこと。

  (裏話では、トヨタホームのほうがお金の貯まる家相だったとか・・。)

8月16日 住友不動産に決定!
  その後もトヨタホームとデザインの交渉は続けていた。
  なにしろ、仮契約後の打合せの連絡、予定も来ない。仮契約時、
  「今まで展示場めぐり疲れたでしょう。すこしここで休憩です。」
  といっていたが、担当の客が多いのか、レスポンスが悪い。
  もっとも、デザイン変更をうるさく言ってくるので無視されているのか。

  いつまでもデザイン論争しても仕方がないので
  結論を聞く。回答は
  「デザインならエスパシオに変えないと対応できない。予算はオーバー
   するので坪数を小さくするしかない。」とのこと。

  無理難題を言ったのかもしれないが、嫁さん的に対応の遅さが致命的に
  なったようだ。これからも回答ひとつにこんなに待たされては困ると。

  またここでトヨタホームさんにお断りの連絡を入れる。
  一応仮契約しているので解約の仕方と諸経費発生していないか確認する。
  はぁ、断りの連絡が一番つらい。

  気を取り直して住友さんに依頼する旨を連絡。

  こうして無事メーカーを選定することが出来ました。

トヨタホーム
(シンセシリーズです)
住友不動産
坪単価
今回キャンペーン値引きで
やっと同じ土俵です

CMを抑え、1級建築士の資格がある営業さんが
終始面倒をみてくれる。専任制で割安。
自由設計度
大開放間取りもいけるが逆に
ユニット工法の制約はある。

自由度は高いが、
大開放間取りなどには不向きか。
グレード感
鉄筋だけはある

華奢な感は否めないか。
標準仕様
大差なし。ただ標準仕様の中にも
ピンキリ混ざっている模様。

大差なし。標準仕様でも大手メーカーなので安心。
オプションは明確な費用積み上げ式でこれも安心。
センス
アーバンウィンドウは○。

高級マンションを多く手がけているだけはある。
外観
総2階寄棟。シンセでは無理
所有感は?

アーバンシリーズはどれも素敵です。
街に映えます。
担当営業
2年目とのこと。設計は別部隊か。
レスポンス悪し。仕方がないか。

経験値が違いました。また1級建築士の資格もあり
その場で的確な判断がいただけます。
  上記は、最後まで悩んだ2社の比較です。どちらも完成物件まで見ました。
  当然私の超主観であり、私のニーズにどれだけマッチングしたかによります。
  
 メーカー選びの近道は、値段もそうですが、何を重点に置くかを明確に
  することです。工法、デザイン、標準仕様、維持費など。それぞれメーカーの
  得手不得手の分野あります。お門違いの注文はお互い疲弊します。
 そして一番のポイントかもしれませんが、
  家作りの全ては、営業さんとの出会いです。人柄、経験値はいかんともし難い
  出会い・運です。営業さんが決め手でしょうね。しかも、営業さん全員を
  見てから担当選ぶわけでもなく・・・、くじ引きですか。まるで。

web拍手